大阪府のアルバイト

大阪府は日本でも東京に次ぐ大都市で経済的にも、大きな役割を果たしています。しかし最近の高齢者が大都市に移り住む傾向が顕著になり、大阪府も例外では有りません。

高齢者が増えると言う事は様々な面での負担が大きく、特に医療費の負担や生活保護の負担額の増加は余儀なくされます。勿論日本を代表する企業も多く有りますので、労働人口も多く若年層も他の都道府県に比べたら多いのですが、全体的な年齢層の割合が以前のピラミッド型から、最近の傾向から見ると逆ピラミッド型に変わりつつ有ります。

本来は労働人口が多い事で、都道府県や市区町村の財政は健全に行われますが、最近の日本全体の傾向から大阪も例外ではなく労働人口の確保がかなり難しい状況になっています。労働人口を増やすには当然受け入れる企業の景気の問題も有りますので、企業の経済状態がもっと上向きにならないと雇用の方までは良くはなってきません。そこに高齢者の移住が重なってくると大阪府の財政もかなり苦しくなってきますので、その辺りの問題が今後の課題になってくるでしょう。